· 

マネジメントとリーダーシップと社会保険労務士

皆様、こんにちは。

テスト投稿です。

4月から運用できるように努力します(笑)。

中小企業の経営者さん、マネジャーの皆さん、日々の労務管理って大変じゃないですか?

先日も顧問先の社長から“社員のモチベーションの源泉”が何なのかわからないという悩みを相談されました。

一昔前は、一旗揚げてやるとか金を稼ぎたいとか、浜田省吾のマネーの世界観のように誰しもに分かりやすい野心があったと思います。

しかし、現代の日本では多くを望まなければ“そこそこの暮らし”が出来てしまうんですよね。

そこで“モチベーション”からマネジメントを作りあげていくことが一段と重要な時代になったと思います。

自分にとっての“社会保険労務士”とは目的ではなく「手段」なのです。

あくまでも、企業のマネジメントがスムーズに回るようにするための“道具”や“潤滑油”でしかないのです。

成功や成長は一朝一夕には成し遂げられない。

私は、現在の巷で流行っている、人を煽ったり、過激でキャッチーな言葉も手法も使いません。

伝統的な“人道主義”、“人格主義”に立脚した手法で「骨太な人材育成と組織育成」を行っています。

私のやっていることにご興味のある方はご連絡をください。