· 

成功を阻むもの、それは“恐怖”

アイゼンハワー大統領は「もし安定を何よりも望むのなら刑務所の独房に入っていればいい」と言った。

あた、フランクリン・ルーズベルト大統領は「我々が恐れる対象は、自分自身が抱いている恐怖心だけだ」と言った。

【成功する人】とは、論理的に考えて危険を冒すことが必要だと判断したときに、進んで【危険を冒せる人】のことです。

➣私たちは恐怖心に支配されてはいけないのです。

恐怖心を支配しなければならない。

恐怖心は、“警戒信号”としての役割を果たしたら、行動指針を決定するときの論理的判断に組み込んではならないのです。

恐怖心を克服には、状況を客観的に把握し、事実だけを頼りに冷静に考え行動することです。