· 

雇用契約によって生じる義務と権利と三六協定

【雇用契約】とは、会社の指揮管理下で労働者が労働を提供し、会社がその対価として労働者に賃金を支払うことに互いに“合意”したもので、双方に権利と義務が生じます。

◆会社の義務と権利

指揮命令権及び業務命令権と賃金支払い義務及び安全配慮義務。

◆労働者の義務と権利

賃金請求権と誠実労働・職務専念義務、秘密保持義務、自己保健義務。

◆雇用契約の成立

口頭でも雇用契約は成立しますが、正規・非正規・パート等に関わらず“法令で定められた内容を盛り込んだ書面”を労働者に交付しなければならないことになっています。

当然に、法令や就業規則に劣る内容の雇用契約は、その部分につき無効とされます。

【残業や休日労働をさせるには三六協定の締結と届出が必要】

法律では、原則として週40時間、1日8時間までの労働しか認められていません。

でも、会社や業務寄っては、それを超えて働かせる必要があるでしょう。

しかし、三六協定を締結していなければいわゆる残業や休日労働をさせることはできません。

※残業のことを法令では“時間外労働”と呼びます。

時間外労働や休日労働は、“三六協定”を締結し、労働基準監督署に届け出ることによって命令することができるのです。

協定の具体的記載事項や締結方法に関してはご相談承ります。

※外国人労働者は、日本人と違って“曖昧な義務と権利”を嫌がります。

人を働かせるということは労働力を買うという立派な契約です。

世知辛いとか言わずに、法令に定められた最低基準はクリアするのが当たり前なんだという意識を経営者様は持ちましょう!