· 

『思考は必ず現実化する!』

■スポーツがルール内で勝負して勝敗を決するのと同じではないのか?

今日はあえて中小企業経営者に嫌われるようなド正論を吐きます。

労基法や労働法を守っていたら商売にならないと言う経営者は未だに多いです。

しかし、あなたがスポーツ選手だったとして競技会等に出場するときに、このルールは自分には守れないから反則してもいいよね?なんて言って出場しますか?

また、そんな選手の出場を許可する競技団体はありますか?

■「働き方改革やってらんない」「法律守ってたら収益でない」「人手不足だから外国人入れろ」なんて主張は原理原則(ルール)を守ってからいうべきだ。

もしも、法律を守って事業が上手くいかないのなら社長に商才が無かったか、淘汰されるべき事業だったというだけの話なんです。

労働法を守って収益を出している会社だって私はたくさん知っています。

決して大企業とは限りません。

自分たち経営者ににマネジメント能力や経営能力がないことを棚に上げて、周囲や環境を非難していても何も得られません。

寧ろ、客も人材も離れますよ。

負のオーラ漂う職場からは。

先ずは「選ばれる会社になる」を真摯に受け止めて原則的な努力を継続することです。

“思考は必ず現実化します”。