· 

家族主義とか、人道主義を標榜するなら法律を守るのは大前提~信頼はコストを下げて生産性を上げる~

成功哲学の祖ナポレオン・ヒル博士は、成功の大前提として「社会正義を守ること」と「他人の権利を尊重すること」があると述べています。

おく、経営者の皆さんは「社員を大切にする経営」とか「人の道を守った経営」を掲げられます。

しかし、他方では労働基準法を平気で違反していたりします。

上記のような経営を実践するなら法律を守ることが前提ですよね?

法令遵守なくして、社員第一も何もないでしょう?

そして、社員との信頼が築ければコストを下げ、生産性が上がることを意味するのです。

◆信頼(7つの習慣より)

信頼口座(人間関係における信頼の増減を銀行口座の残高に例えた言葉)にたっぷり預け入れしてあれば、お互いに相手を信頼し、尊重しているから、相手がどんな人間か探る必要もないし、相手の性格や立場に囚われず、直ぐに目の前の問題にフォーカスできる。

信頼しあっていれば、心を開ける。

お互いに手の内をさらけ出せる。

私たちは、お互いの見方をきちんと理解し、力を合わせて別の答えを探そうとする。

何方も満足でき、何方にとってもより良い「結果や成果」を見つけようという意味がある。

・・・それが【信頼の効果】なのです!