· 

始皇帝、曹操、ビル・ゲイツ、孫正義が愛した孫子の兵法

孫子の兵法と聞いて何を思いますか?

2500年も前のほんだろとか、軍略ものだろと食わず嫌いを決めるのはナンセンスです。

かの、ナポレオン・ボナパルトも愛読し、ヒトラー総統も孫子の兵法を学ぶ日本となら手を組もうと言ったし。戦国武将に関しては有名どころは大方愛読していました。

そして、現代でも、ビル・ゲイツや孫正義のみならず財界で立身出世した人は軒並み読んでいますし、中国の外交手法などまさに孫子の兵法です。

 

■孫子の兵法には何が書かれているのか?

本質は「戦わずして勝つ」です。

うまり、「戦うことが目的ではなく敵国を傷つけずに降伏させることが最もよい策」が最も訴えていることです。

そのために、情報分析・敵情視察・予算の見積もり方・兵の補充・主導権の把握等の戦争に勝利するための方法を説いた書物です。

故に読んだ人により色んな解釈ができ【経営戦略論】【組織論】【人材育成論】としても読めるのです。

 

 

■現代のビジネスに活かすには?

 

・ライバル企業を蹴落として成功するのみでなく、合併・提携・競合の無い市場を探るなどをする。

・完璧主義で計画を立てるよりも、いち早く行動に移し、動きながら修正する。ライバルの虚を突いて主導権を握る。

・社長は現場のことは現場に任せ、幹部や管理職に徹せよ。

・マーケットを知り競合他社の状況を知り、自社の状況についても知り冷静に判断することが重要。

・将軍に必須の要素は、知力・部下からの信頼・部下を思いやる心・勇気・部下から恐れられる威厳。

 

*上記は孫子の兵法の一部です。

ご興味のある方はご一読してみてはいかがでしょうか?

翻訳本は多数ありますので読み比べるのも一興です。

#孫子の兵法 #経営戦略論 #組織論 3人材育成論