· 

43/52 悲しみを超えていけ

【悲しみ】は、生きていくうえで避けて通ることができない。

この事実を十分に認識すれば、【不幸】に見舞われた時、より早く立ち直ることが出来る。

■悲しみの効果

  1. 非生産的な習慣と思考パターンを破壊できる。
  2. 人間を謙虚な気持ちにさせる。
  3. 心の中に内在する強大な力を活用する際に、障壁となるものを破壊する起爆剤となる。

偉大なる芸術や文学、科学的研究などは悲しみを【建設的行動】に転換して生み出されたものである。

愚鈍、野蛮、残忍、犯罪などの傾向を持つ人は知性を持っていても、悲しみという力が欠落していると言っていい。

悲しみを天才に昇華させられるか否かは、自己憐憫ではなく、自己訓練のための有効な手段だと悲しみを認識できるか否かにかかっている。

★悲しみは逆境や挫折と同様、それと同程度の喜びの種子をもたらす。

その種子が見つかるまで探し続けなさい。

そして、見つかったならば、それを大事に育て、悲しみを勝利に変える努力を怠ってはならない。

 

私は刻一刻と #人工透析 が近付いています。このことは悲しく不幸かもしれません。しかし、 #タイムリミット があるからこそ私は、 #ライフワーク である #ナポレオンヒル哲学の伝道 に力が入ります。 #Think&Growrich です、人生は。