· 

今こそパラダイム(仕組み)を変えるとき

約100年前の1918年に第一次世界大戦があり、追い打ちをかけるようにスペイン風邪の猛威が世界を席巻しました。

その結果何がもたらされたか?

労働力不足による女性の社会進出と機械化の加速とシャネルの登場です。

今は新型コロナウイルスという猛威に東アジアのみならず、世界中が襲われています。治療薬の無い現状では終息がいつになるのかわかりません。

そんな時に考えたいのが、キャッシュレスとテレワーク、リモートワークの推進です。

新型コロナウイルスは、飛沫感染と接触感染が多いと言われます。

日本の商習慣の現金や小切手、書類文化や押印文化は自らを危険にさらしている証拠ですし、テレワークにすれば働いているつもりの社員を可視化することが可能です。

当事務所もpaypay等のキャッシュレスに対応しています。

#飛沫感染 と #接触感染 の恐れのある現金文化と紙文化を止めて、#キャッシュレス と #テレワーク に移行するのに実は今が良い時期だったりします。

#変わる勇気 を持ちましょう!