· 

使命に命を賭す

自分はこの夏には人工透析が開始される予定です。

腎臓学会の資料では、人工透析患者の余命は健常者の概ね48%とされています。

自分の場合は16.1年(健常者は33.18年)と、47歳開始で健常者の48.5%となり、残り193.2ヶ月です。

なってしまったことは受け入れます。

自分が余命を賭して伝えなきゃいけないことをしていかないとって決意しています。

■一人でも多くの人、一社でも多くの企業にナポレオン・ヒル哲学を伝えたい。

私は縁あって日本で10人しかいないナポレオン・ヒル財団マスタートレーナー資格を持っています。

ナポレオン・ヒルの名は知らなくても「思考は現実化する」という書物や成功哲学、自己啓発などという言葉は効いたことあるのではないでしょうか?

ヒル博士は「成功哲学の父」と呼ばれる人で、同時期のデール・カーネギーとともに世界中の政財界で名を成した人が師事した人物です。

日本で有名な「7つの習慣」のコヴィー博士やアンソニー・ロビンズ、ケン・ブランチャード、ブライアン・トレーシーなども博士の影響を受けていますし、実業家ではビル・ゲイツが有名です。

博士の成功哲学は読んでしまえば当たり前のことしか書いてありません。

聖書や経典、論語などを読んで異を唱える人はいないでしょう。

では、このヒル博士の教えの何がすごいのか?

それは、後付けの理論ではなく、登場人物と同時に成功メソッドを実践し体系化していったという実践哲学である点です。

博士の調査対象は、調査開始時点では無名の存在でした。

しかし、みな20~30年かけて成功者に登りつめたのです。

有名どころは、ヘンリー・フォードやロックフェラーです。

そんな彼ら約500名に共通するものは何か?と抽出し、体系化したものが成功哲学です。

#共通 して実践された行動を抽出して #体系化 し、検証され #普遍化 された教えが 3成功哲学 。学んで、取り入れて損することは一切ありませんよ。一緒にどうですか?