· 

「テレワーク」や「IT化」を推進する好機にしよう!

世界の潮流に乗り遅れるな!

全国に発令された緊急事態宣言で通常の企業活動も変化を余儀なくされました。

テレワークと呼ばれる在宅勤務やIT化を推進しようと考えている企業も多いことでしょう。

それでもコロナ感染のリスクを冒しつつ現場に出なければ仕事にならない“現業”の方々には頭が下がります。

逆に、デジタル化可能だったにも関わらず対応してこなかった会社は自業自得であり、淘汰されて然るべきと考えます。

国によっては、ほぼすべてが電子政府で、取引は原則銀行口座で、確定申告も不要なくらいデジタル化が進んでいる国があるのです。

にもかかわらず、先進国と言いながら、未だに紙文化とハンコ文化という旧態依然の仕組みを踏襲し、対面の合議制という時間と場所の無駄を見直してこなかった日本企業は経営の怠慢と言わざるを得ません。

こんな調子では、人手不足のこれから世界から人材を集めることは無理と思われます。

ゆえにこれを機にテレワークやIT化を進めましょう!

国も資金的にバックアップしてくれていますし、東京都のような潤沢な資金を持つ自治体にはプラスαの補助があります。

・テレワーク助成金(厚労省)…最大150万円。

・IT導入補助金(経産省)…最大450万円。

・東京都独自補助金…最大250万円。

捕らぬ狸の皮算用はよくありませんが、 #テレワーク を導入することで最も好条件に合致すれば最大で850万円までの助成を受けられる可能性もあるわけです。ただ #助成金 を受けるには #就業規則 #法定帳簿 #正しい労務管理 をされていることが前提です。 #後悔先に立たず です。