· 

やる気をなくしたときには三重苦を背負っていながらも その著書を通じて同時代のもっと恵まれた人々に勇気を与えたヘレン・ケラーを思い出しましょう。

やる気をなくしたときには三重苦を背負っていながらも
その著書を通じて同時代のもっと恵まれた人々に勇気を与えたヘレン・ケラーを思い出しましょう。

 ヘレン・ケラー[訳注1]の人生は人間の精神が身体的な障害に打ち勝った素晴らしい実例です。
 死後何十年たった今でも彼女の人生は、多くの人にとって当然の日常茶飯事でさえ大変な苦労を要して行っている人々の希望の指針となっています。
 運命が過酷だと感じる時周りを少し見渡してみるだけで実はあなたが、いかに恵まれているかということに気がつくでしょう。
 人生の計画を立てるとき見返りを何も期待せずに地域社会に
 何か恩返しすることを必ず含めましょう。
 お金だけでなく時間と努力を費やすことによってあなたと地域社会とのつながりが強化され思慮深い行動がいかに有効であるかが具体的に明示されるでしょう。
 それとともに人が何かを試みようと決断する場合、それを促す力が何であるかを気づかせてくれることでしょう。



 ─[訳注1]───────────────

 ヘレン・ケラー(1880-1968)
 アラバマ州生まれ。

 1歳のとき病気により視力、聴力を失った。
 
 しかし後に、ヘレンの生涯を変える師
 アン・サリヴァンにより

 話すこと、読むこと、書くことを教育される。

 大学卒業後、
 講演、執筆活動を行い注目される。

 彼女の自伝『私の生涯』は
 後にウィリアム・ギブソンにより
  『奇蹟の人』として劇化された。